アフターピルの値段って?料金相場をチェックしてみた

アイキャッチ画像

まだ妊娠したくないけど、避妊に失敗してしまった…
アフターピルを使いたいけど、今月お財布がピンチ。値段はどれくらい?相場はいくらなの??
アフターピルの値段に加えて、効果はきちんとある?それって正しい飲み方?ということについても、お伝えします。

アフターピルは避妊に失敗してしまったときに飲む、緊急避妊薬です。

妊娠したくないカップルの場合、互いの健康や人生設計のために計画的に避妊をすることは大切ですが、ときには避妊に失敗してしまうこともあるでしょう。
そんな時に活躍するこのアフターピル、3日以内であればおよそ98%の避妊率があり、早めに飲めば飲むほど効果的です。

今回はこのアフターピルの値段について考えてみましょう。一体どれくらいの費用を見積もっておけばよいのでしょうか。

↓この記事の監修者↓

安永 裕也

製薬会社での二年間の勤務。その後、調剤薬局で臨床の仕事に携わる。 現在も現役の薬剤師として勤務をしながら、医薬品の正しい知識を伝えるべく、ライター活動を行っている。得意分野は漢方全般、婦人科、精神科、小児科、内科。


 

アフターピルの値段は病院ごとで違う

アフターピルにはいろいろな種類があり、薬によって価格はもちろん異なります。また、あまり知られていませんが、同じ薬でも病院によって価格が異なるということもあります。

これはアフターピルの処方が保険診療ではなく、自由診療であるためです。これらの違いは何でしょうか?

【保険診療】
国民健康保険法や健康保険法などによって定められている診療のことをあらわします。日ごろ、私たちが医療機関で受けている治療のほとんどは、この保険診療です。それぞれの病気に対して治療内容が決まっており、診療報酬点数が定められています。

つまり、日本のどこの医療機関に行っても同じ金額で、同じ治療を受けることができるのです。医療の公平性を保ち、負担を減らすことが目的とされています。

【自由診療】
一方で、自由診療は公的医療保険を使用せずに治療を受けるため、全額が患者負担となります。自由診療を取り入れるだけで、本来は公的医療保険の適用だった治療も、すべてが自己負担になってしまいます(混合診療の禁止)。そのため、患者の経済的負担はかなり大きくなります。

また、自由診療の場合には、患者と医療機関のあいだで個別に契約されるものなので、治療の内容や費用の制限がありません。アフターピルによる治療、処方は健康保険が適用されず、「自由診療」で受けることとなるのです。

アフターピルの値段はピルの種類でも違います

アフターピルは大きく分けて2種類あります。昔からある「ヤッペ法」と、新しく開発された「ノルレボ法」です。それぞれ使用する薬剤や飲む間隔が違うので、注意が必要です。

【ヤッペ法】
ヤッペ法で使用される薬は中用量ピルとよばれ、「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンと「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンが配合されています。人工的に生理を起こさせることで、緊急的な避妊効果を発揮します。

【ノルレボ法】
ノルレボ法では、「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンのみが含まれる薬を使用します。はたらきはヤッペ法と同じく、人工的に生理を起こさせるものと考えてください。

ヤッペ法に比べてノルレボ法は副作用が出にくいため、現在ではノルレボ法を採用するドクターが増えてきています。

ここからは、さらに詳しく見て行きましょう。

ヤッペ法

ヤッペ法は、『プラノバール錠』を使用した緊急避妊法であり、以前は主流として用いられていました。

まずはヤッペ法に使用する『プラノバール錠』について説明しましょう。この薬は卵胞ホルモンの配合量が中程度であるため、中用量ピルとよばれます。

【プラノバール錠の効果】

  • ・卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって生理周期を正すため、月経困難症や月経周期異常、過多月経などを改善
  • ・子宮内膜を維持してはがれにくくするため、通常の月経以外に起こる出血をおさえる
  • ・女性ホルモンを補うために卵巣の機能を活発にさせ、卵巣機能不全を治療する
  • ・生理が起こる期間を延長できるため、薬の服用と休薬を繰り返すことで生理日を調節できる。月経困難症や子宮内膜症などの症状を軽減することも可能。

これらのはtらきにより、プラノバールは婦人科領域で広く活用されます。

適切に服用した場合、データ上での妊娠率は3.2%程度ですが、排卵日付近での性交の場合、約45%が妊娠してしまいます。

安価ですが副作用がおこりやすいため、ノルレボが認可されて以降は処方される数は減っています。

ヤッペ法の値段相場

避妊目的での処方は保険適用外なので、5,000円前後です。
月経不順などを診察して保険適用で処方してくれるドクターならば、ここからさらに負担が減ることもあり得ます。

しかし、先ほどもお話しした通り、アフターピルとしての処方は日本では保険診療となりません。あくまで「ノルレボ法よりは低価格である」くらいで認識しておきましょう。

ノルレボ法

ノルレボ法は、『ノルレボ錠』を使用した緊急避妊法であり、今日では世界中で使用されています。

使用する『ノルレボ錠』は、レボノルゲストレルだけを含有しており、性交後72時間以内に服用します。副作用も少なく高い安全性を持ち、避妊効果もヤッペ法に比べて高いことが特徴です。

【副作用はあるの?】

ノルレボ法では副作用が現れる可能性はほとんどなく、数字にして5%以下です。副作用は成分の吸収とともに起こる急激なホルモンバランスの変化が原因なので、時間とともに軽くなっていきます。

症状としては、頭痛(12.3%)、吐き気(9.2%)、倦怠感・疲労感(7.7%)、眠くなる(6.2%)などが代表的です。
他にも、胸の張りや腹痛、ニキビが副作用としてあらわれることがあります。

また、ほてりを感じることもありますが、これもホルモンバランスの変化で体が生理前のようになっているため起こるもので、過度に心配する必要はありません。

日本では薬価そのものが未収載で、こちらもヤッペ法と同じく自由診療となります。

ノルレボ法の値段相場

ノルレボの処方も健康保険適用外であるため、値段は医療機関によって異なります。

安い病院だと10,000円ほどで購入できますが、高額な病院だと20,000円以上することもあります。相場は15,000~17,000円の間です。

ヤッペ法、ノルレボ法ともに副作用が出る可能性はゼロではありませんが、出やすさでいうと、ノルレボ法の方が断然低いです。

価格ではノルレボのほうが高くなりますが、効果や副作用を考えるとノルレボ法を選択することがおすすめです。

相場まとめ表

避妊法画像
効果副作用平均相場ジェネリック
ヤッペ法5,000円~6,000円-
ノルレボ法15,000円~17,000円

アフターピルはどこで購入するのが1番安い?

アフターピルは、病院によって価格が異なるということが分かったと思います。病院ごとで比較したい場合には、事前に電話をして値段を聞けば教えてもらえることが多いでしょう。

最近では、ホームページでアフターピルの処方にかかる費用を明示してくれている医院もあります。自分の家から通える範囲の病院で、比較して考えましょう。

インターネットでも購入できる?

実はピルを手に入れる方法として、インターネットで購入する方法もあります。病院での処方に比べれば、1割以下の価格で買えることもあるでしょう。

しかし、ピルを扱う業者は個人輸入で、健康被害が生じた際の保証もなければ、海外から輸入された薬が本物であるという保証もありません。

そもそも、日本国内の医薬品はすべて「薬機法」という法律によって管理されており、交付を受けるために処方せんが必要な「医療用医薬品」と、それ以外の「一般用医薬品」に分けられます。

分類される理由はさまざまですが、ピルのように副作用が強く管理が難しいお薬は、「医療用医薬品」に分類されています。アフターピルも同様に、「医療用医薬品」に分類されています。そのため、薬局やドラッグストアで交付を受ける際に、処方せんが必要となります。

処方せんというものは、「何の薬を」「誰に」「どれだけの量」「何日分」出すかが書かれています。処方薬であるピルは病院で処方せんを発行してもらわないと購入することができないのです。

ピルを買うなら病院で費用を比較

病院では、一人ひとりの患者さんの状態や病歴を詳しく見た上で、安全・安全・適切に、責任をもって薬を処方してくれます。その信用の基盤となるのが医師免許であり、薬剤師免許、各薬品会社の医薬品販売業許可です。

いわば国から安全が保障されているわけですね。その他にも個人輸入の通販サイトが個人情報を他へ売り渡すなどのリスクもあるので、通販サイトでの購入はおすすめできません。

安いからと言ってアフターピルを通販サイトで購入することは避け、必ず医療機関を受診して、医師の診察を受けた上で処方してもらいましょう。

その他、アフターピルにかかる費用

診察料

病院で診察を受ける際にかかる費用です。初診だと少し高く2,000~3,000円ほどでしょう。再診だと500~1,000円ほどであることが多いですが、詳しい検査などが必要になれば、もう少し価格が上がります。

薬局での料金

薬局で薬を出してもらう際にもいろいろな料金がかかります。調剤技術料、薬学管理料など、薬や患者のデータを管理することに対しても費用がかかります。とはいえアフターピルはその性質上、院内で処方されることも多い薬です。

その際はまた調剤技術料の内訳が少し変わり、価格が安くなることもあります。

アフターピルにかかる総額の費用って?

アフターピルの処方に関する費用は、ヤッペ法を選ぶのかノルレボ法を選ぶのか、先発医薬品を用いるのかジェネリック医薬品を用いるのか、どこの医療機関を選ぶのかなどによって、大きく変わってきます。

価格は高くとも副作用の少ないノルレボ法ならば、総額15,000円~17,000円ほどの価格帯です。

価格を抑える代わりに錠数が2錠に増え、副作用も多いヤッペ法ならば、総額5,000円前後となるでしょう。

避妊法画像
効果副作用平均相場ジェネリック
ヤッペ法5,000円~6,000円-
ノルレボ法15,000円~17,000円

ここからさらに学割料金などを設定している病院もあるので、自身のおかれている状況を考えながら、治療方法や病院を選択することがおすすめです。